Quealy+Logo.jpg

クイーリー

Natural Winemakers

Turbulent times.png
CTCO-TOKYO-2018-NOV_22.jpg
 

クイーリー

ピノ・グリージョは、1832年にオーストラリア・ワインの父、ジェームス・バスビーによってコート・ドールからオーストラリアに持ち込まれました。。オーストラリアのピノ・グリのパイオニアであるキャサリン・クイーリーとケヴィン・マカーシーが、モーニングトン・ペニンシュラの冷涼な気候がピノ・グリの栽培に最適であると気づき、常に新しいものを求める消費者に向けてワインを作るべく、ティー・ガラント・ワインを設立しました。

クイーリー・ピノ・グリージョの女王

ティー・ガラントのピノ・グリとグリージョは壮大な人気を誇り、キャサリンは「ピノ・グリージョの女王」と呼ばれるほどになりました。 2016年にはピノ・グリをオーストラリアに広めた功績を称えられ、ワイン・コミュニケーターズ・オブ・オーストラリアから“Legend of the Vine(ブドウ畑の伝説)”という賞を受賞しています。 最近ではアンフォラで発酵するといった新たなスタイルのピノ・グリにも取り組んでもいますが、彼らが創立当時から作る「軽やかでいきいきとしたピノ・グリージョ」「リッチでまろやかなピノ・グリも、今も変わらず作られています。

グリかグリージョ

フランス人がこのブドウにピノ・グリという名前をつけたのは、ピノ系のブドウの房が松かさに似ていたことからPinoeau(松)に由来しています。グリは灰色、熟したときに果実に灰色がかった光沢があることからつけられました。イタリアではそれに従い、イタリア語でピノ・グリージョと呼ぶようになりましたが、新世界に持ち込まれた時には英語で「ピノ・グレイ」と訳されることはなく、フランス語のピノ・グリ、イタリア語のピノ・グリージョが共にそのまま名称として使われました。

ピノ・グリとピノ・グリージョの違いについての終わりのない議論は、解決できない複雑な数学式のようです。あるいは、二つの全く異なる正しい答えがあるかのようです。
フランスのリッチで豊満なピノ・グリと、イタリアの軽やかでミネラル感のある、溌剌としたグリージョは、全く異なるスタイルのワインです。


ピノ・グリはフランス名、ピノ・グリージョはイタリア名、それだけなのですが、スタイルとしては、少なくとも理想的なワインの世界では、大きな違いがあります。全体的にいえばピノ・グリージョは早めに摘み取られ、イタリアにあるように、軽やかでフレッシュな華やかな味わいの、ミネラル感のあるスタイルに作られ、ピノ・グリス遅く摘み取られるべきで、フランスにあるように、より質感があり複雑なスタイルに作られる「はず」です。

もちろん現実にはそう単純ではありません。オーストラリアでは特にそうです。決まった法律があるわけではなく、生産者がピノ・グリでもグリージョでも、あるいはまったく違う名前でもワインを売るのに最前の名前を付けることが許されています。軽やかでフレッシュなスタイルが「ピノ・グリ」とラベルに書かれることもあれば、リッチで質感のあるものが「ピノ・グリージョ」として売られることもあります。全く同じタンクで作られたワインの半分をピノ・グリとして売り、残り半分をグリージョとして売ることもできるのです

 
2E1A2475.jpg

The vineyards

ムスク・クリーク

ムスク・クリークのブドウ畑は1994年に設立され、11エーカーの土地でピノ・グリ、ピノ・ノワール、シャルドネ、ミュスカ・ルージュ・ア・プティ・グランを栽培しています。自生の木々に覆われた谷は海に向かって折れ進み、海岸からは5kmしか離れていません。このぶどう畑は北北東にあり、その標高からはウエスタンポート湾を望むことができます。土壌は深く、固く、湧水の影響を受けた豊かな粘土質。高酸度で香り豊かなワインを生み出すことができます。マスク・クリークの畑は、自然の力を十分に利用してそれをブドウの品質に変えていく、偉大なエネルギーと熟達した技術を求めています。

MUSK CREEK

Musk Creek Vineyard is a mixed farming property with 11 acres established in 1994 to Pinot Gris, Pinot Noir, Chardonnay and Muscat Rouge à Petit Grains. The native timber covered valley folds down towards the sea, located only 5 kilometres away. The vineyard is North-North East and the elevation allows a view of Westernport Bay. The soil is a deep and heavy brown clay feed by springs. The vineyard has great capacity to create aromatic wines with high natural acidity. Musk Creek Vineyard requires great energy and expertise to harness the natural vigour and transform into grape quality.

バルナリング

キュアリーワイナリー&セラー・ドアの40エーカーの土地のうち、17エーカーを占める畑です。土地は北に向かってなだらかな斜面になっていて、水はけは最低限、2層構造の土壌です。ブドウ畑は土地の上半分を占めていて、17列のピノ・ノワール、他にピノ・グリージョ、フリウラーノ、モスカート・ジャーロ、リースリング、シャルドネがあり、全てポブルボンク・フィールドブレンドを作り出します。

畑の排水は、たくさんの野鳥や、亀、魚、エビラの棲み家となっています。この土地はかつて、グッデニーア・オヴェートと呼ばれる自生の樹とブラックベリーに覆われていました。蘭と小さな花の咲く低木が群生する中、ティーツリー、アカシア、スワンプガムに植え替えられて再生されるまで、過去10年以上打ち捨てられた状態だったのです。

BALNARRING

There are 17 acres of vineyard on our 40 acre property which homes the Quealy Winery & Cellar Door. The property slopes gently to the North, and is on a duplex soil with marginal drainage. The vineyard is the top half of the property and is planted to our 17 Rows Pinot Noir; and Pinot Grigio, Friulano, Moscato Giallo, Riesling & Chardonnay all of which go in to make our Pobblebonk field blend.

The vineyard drains to a dam that is home to many wild birds, turtles, fish and yabbies. The remaining property, once an abandoned orchard has over the last 10 years begun to restore itself, smothering the blackberry with native Goodenia ovate and renewing the vegetation with a march of tea tree, blackwood and swamp gums; underneath there is an array of orchids and smaller flowering shrubs.

957_0119.jpg
 
QUEALY SEVENTEEN ROWS PINOT NOIR   モーニングトン・ペニンシュラ, ¥8,000,750ml, 2015, 13.5%,  厚みのある口当たりのピノ・ノワール。豊かな果実のフレーバー、大胆なオークを感じ、かすかにモカやキャラメルのような味わい、スパイシーなダークチェリーやサクランボの香り。 滑らかで肉厚なおいしさ。 スクリューキャップ。  The oldest MV6 vines on the Peninsula, planted 1982, destemmed, a small portion of whole bunches, in vat for 20 days, cultured yeast, 6 months in new French puncheons, then transferred to barriques, egg white fined.  The vines are a great asset, delivering a very complex, savoury pinot that, by virtue of its provenance and its maker, simply has to respond to time in bottle.  Kevin McCarthy describes as   ‘Pinot Noir goes to Barolo.’     James Suckling 92 points   A bold pinot that has plenty of fruit flavor with bold oak, adding a little mocha and caramel to the palate with spiced red and dark cherries. Smooth, fleshy and delicious.

QUEALY SEVENTEEN ROWS PINOT NOIR

モーニングトン・ペニンシュラ, ¥8,000,750ml, 2015, 13.5%,

厚みのある口当たりのピノ・ノワール。豊かな果実のフレーバー、大胆なオークを感じ、かすかにモカやキャラメルのような味わい、スパイシーなダークチェリーやサクランボの香り。 滑らかで肉厚なおいしさ。 スクリューキャップ。

The oldest MV6 vines on the Peninsula, planted 1982, destemmed, a small portion of whole bunches, in vat for 20 days, cultured yeast, 6 months in new French puncheons, then transferred to barriques, egg white fined.

The vines are a great asset, delivering a very complex, savoury pinot that, by virtue of its provenance and its maker, simply has to respond to time in bottle.

Kevin McCarthy describes as ‘Pinot Noir goes to Barolo.’

James Suckling 92 points

A bold pinot that has plenty of fruit flavor with bold oak, adding a little mocha and caramel to the palate with spiced red and dark cherries. Smooth, fleshy and delicious.

 
QUEALY Campbell & Christine Pinot Noir クイーリー カンベル&クリスティン ピノノワール    モーニングトンペンニンシュラバルナリング ¥ 4,830 2016, 750ml, 13.5   Cambell Mattisson 90 points   オーガニック, 1994, Hand Picked, Wild MV6, 114 and 115. 20% Whole Bunch, 24 days in vats, bentonite pad filter, low intervention, slight acid adjustment, minimal sulfites.  Has a dark black crimson colour, bright and translucent. The aroma is violets and plums, the palate rich and tannic however there is a deep and soft core. Firm, dry with stewy red berries and an itch of woody spice. Looks to have plenty of development up its sleeve. Will be interesting to follow

QUEALY Campbell & Christine Pinot Noir クイーリー カンベル&クリスティン ピノノワール

モーニングトンペンニンシュラバルナリング ¥ 4,830 2016, 750ml, 13.5

Cambell Mattisson 90 points

オーガニック, 1994, Hand Picked, Wild MV6, 114 and 115. 20% Whole Bunch, 24 days in vats, bentonite pad filter, low intervention, slight acid adjustment, minimal sulfites.

Has a dark black crimson colour, bright and translucent. The aroma is violets and plums, the palate rich and tannic however there is a deep and soft core. Firm, dry with stewy red berries and an itch of woody spice. Looks to have plenty of development up its sleeve. Will be interesting to follow

 
QUEALY MUSK CREEK PINOT NOIR SUNSHINE TIME INTELLECT  | クイーリー サンシャイン タイム ムスク クリーク ピノノワール    モーニングトンペンニンシュラマスク クリーク  ¥4,830 2017, 750ml, 13.5, オーガニック, 1994,  Hand Picked, cultured MV6, 50% Whole Bunch, 20% new french oak for 12 months, bentonite Pad filter ,low intervention, minimal additions.   James Suckling 92 points   Wild strawberries, cherry incense, lipstick, blood oranges and citrus. Medium-bodied with a lovely serving of red fruit throughout the palate, which is delivered across a mesh of finely woven tannins and vibrant acidity.  野イチゴ、チェリー香、リップスティック、ブラッドオレンジ、柑橘類の香り。 ミディアムボディ。きめ細かなタンニンと生き生きとした酸味の間を縫って、赤系果実のニュアンスが口いっぱいに広がります。  —-  ムスク・クリークのピノ・ノワールはその可能性をゆっくりと開いていきます。スペアミント、ラズベリー、スパイスの香り。味わいは品のいい重みがあり、滑らかで自然な酸味を感じます。  このピノ・ノワールの収穫は、秋の終わりまで待たないといけません。涼しい気候と豊かな土壌が、ブドウの成熟スピードをゆっくりとしたのものにするからです。ブドウは手摘みされ、除梗されて桶に入れられます。一つの桶に丸ごとの房が50%ほど入れられ、ドライハーブが加えられます。フリーランは14-35日後に搾取され、熟成のため樽 (フレンチオークの新樽20%) に入れられます。  できるワインは特有のスペアミントとラズベリーの香り、豊かでフルボディの味わい。10年以上寝かせられます。

QUEALY MUSK CREEK PINOT NOIR SUNSHINE TIME INTELLECT
| クイーリー サンシャイン タイム ムスク クリーク ピノノワール

モーニングトンペンニンシュラマスク クリーク

¥4,830 2017, 750ml, 13.5, オーガニック, 1994,

Hand Picked, cultured MV6, 50% Whole Bunch, 20% new french oak for 12 months, bentonite Pad filter ,low intervention, minimal additions.

James Suckling 92 points

Wild strawberries, cherry incense, lipstick, blood oranges and citrus. Medium-bodied with a lovely serving of red fruit throughout the palate, which is delivered across a mesh of finely woven tannins and vibrant acidity.

野イチゴ、チェリー香、リップスティック、ブラッドオレンジ、柑橘類の香り。 ミディアムボディ。きめ細かなタンニンと生き生きとした酸味の間を縫って、赤系果実のニュアンスが口いっぱいに広がります。

—-

ムスク・クリークのピノ・ノワールはその可能性をゆっくりと開いていきます。スペアミント、ラズベリー、スパイスの香り。味わいは品のいい重みがあり、滑らかで自然な酸味を感じます。

このピノ・ノワールの収穫は、秋の終わりまで待たないといけません。涼しい気候と豊かな土壌が、ブドウの成熟スピードをゆっくりとしたのものにするからです。ブドウは手摘みされ、除梗されて桶に入れられます。一つの桶に丸ごとの房が50%ほど入れられ、ドライハーブが加えられます。フリーランは14-35日後に搾取され、熟成のため樽 (フレンチオークの新樽20%) に入れられます。

できるワインは特有のスペアミントとラズベリーの香り、豊かでフルボディの味わい。10年以上寝かせられます。

 
MORNINGTON PENINSULA PINOT NOIR   | クイーリー モーニングトンペンニンシュラ ピノノワール   モーニングトンペンニンシュラ ¥4,295 2016, 750ml, 13.5 %   James Halliday 90 points   オーガニック, Hand Picked, Cultured, 30% Whole Bunch, 100% old oak, 15 months neutral. Bentonite Pad filter low intervention, minimal sulfar additions.  Bright purple-crimson; a very fragrant bouquet leads into a fresh, zesty palate, all pointing to a Great summer pinot.  明るく、紫がかった紅色。 非常に香り豊かなブーケが新鮮で溌剌とした味わいへと誘い、そのすべてが夏のピノ・ノワールを表現しています。

MORNINGTON PENINSULA PINOT NOIR| クイーリー モーニングトンペンニンシュラ ピノノワール

モーニングトンペンニンシュラ ¥4,295 2016, 750ml, 13.5 %

James Halliday 90 points

オーガニック, Hand Picked, Cultured, 30% Whole Bunch, 100% old oak, 15 months neutral. Bentonite Pad filter low intervention, minimal sulfar additions.

Bright purple-crimson; a very fragrant bouquet leads into a fresh, zesty palate, all pointing to a Great summer pinot.

明るく、紫がかった紅色。 非常に香り豊かなブーケが新鮮で溌剌とした味わいへと誘い、そのすべてが夏のピノ・ノワールを表現しています。

QUEALY Rageous Red Blend |クイーリー レージャス レッド ブレンド    モーニングトンペンニンシュラ, メリックス・ショアハム・ムスククリーク  ¥ 4,830, 2015, 750ml JH 92 オーガニック 1988 Hand Picked Sangiovese, Shiraz, Pinot Noir, 24 months French oak, bentonite Pad filter, low intervention, minimal sulfar.  深く、籠るような印象。ブラックオリーブ、そして熟したチェリーの香りが捉えるのは、Rageous にあるイタリアのインスピレーション。 軽くもなくフルボディでもなく、それぞれの品種が立ち上がり、Rageousの味わいは進化している。 独創的な、タンニンとぶどう品種のチャーミングなブレンドは、若々しく特徴的だが、オークにより同時に丸みを帯びている。 酸味が支えとなり、スモーキーな赤いチェリーと甘いラズベリーフルーツを感じられる。  The deep, brooding, black olive, and cherry-ripe scented nose captures the Italian inspiration of Rageous. Neither light nor full-bodied, Rageous evolves across the palate as each variety vies for attention. The unconventional set of tannins, courtesy of the blend of varieties, are youthful and grippy, yet nicely rounded off by the oak. Acidity underpins this wine, weaving through smoky red cherry and sweet raspberry fruit.

QUEALY Rageous Red Blend |クイーリー レージャス レッド ブレンド

モーニングトンペンニンシュラ, メリックス・ショアハム・ムスククリーク

¥ 4,830, 2015, 750ml JH 92 オーガニック 1988 Hand Picked Sangiovese, Shiraz, Pinot Noir, 24 months French oak, bentonite Pad filter, low intervention, minimal sulfar.

深く、籠るような印象。ブラックオリーブ、そして熟したチェリーの香りが捉えるのは、Rageous にあるイタリアのインスピレーション。 軽くもなくフルボディでもなく、それぞれの品種が立ち上がり、Rageousの味わいは進化している。 独創的な、タンニンとぶどう品種のチャーミングなブレンドは、若々しく特徴的だが、オークにより同時に丸みを帯びている。 酸味が支えとなり、スモーキーな赤いチェリーと甘いラズベリーフルーツを感じられる。

The deep, brooding, black olive, and cherry-ripe scented nose captures the Italian inspiration of Rageous. Neither light nor full-bodied, Rageous evolves across the palate as each variety vies for attention. The unconventional set of tannins, courtesy of the blend of varieties, are youthful and grippy, yet nicely rounded off by the oak. Acidity underpins this wine, weaving through smoky red cherry and sweet raspberry fruit.

 
fullsizeoutput_15e1.jpeg
MORNINGTON PENINSULA PINOT GRIGIO | クイーリー モーニントン半島 ピノ・グリージョ   ¥3,600, 2017, 750, 13.8, HH 92, オーガニック, Hand Picked, cultured, membrane press 100% whole bunch, 24 hours on lees   Ranked 1 Pinot Grigio from Victoria.   ビクトリアの17のピノ・グリージョのうち、1位にランクされました。淡い麦わら色で、干し草、アーモンド、洋梨の香りなどのブーケ、蜂蜜とモルトのニュアンスで、手堅く発酵されたせいか、わずかに還元香がします。 ワインはやわらかさがあり軽くて飲みやすくも、ドライで抑制感があります。 フィニッシュはさわやか。 ピノ・グリージョのベンチマークとなるスタイルです。   Light straw colour, with a slightly reductive bouquet including straw, hay, almond and pear aromas - with touches of honey and malt, perhaps from fermenting on solids. The wine is light and easygoing, with softness and yet also dryness and restraint. The finish is refreshing. A benchmark grigio style.

MORNINGTON PENINSULA PINOT GRIGIO| クイーリーモーニントン半島 ピノ・グリージョ

¥3,600, 2017, 750, 13.8, HH 92, オーガニック, Hand Picked, cultured, membrane press 100% whole bunch, 24 hours on lees

Ranked 1 Pinot Grigio from Victoria.

ビクトリアの17のピノ・グリージョのうち、1位にランクされました。淡い麦わら色で、干し草、アーモンド、洋梨の香りなどのブーケ、蜂蜜とモルトのニュアンスで、手堅く発酵されたせいか、わずかに還元香がします。 ワインはやわらかさがあり軽くて飲みやすくも、ドライで抑制感があります。 フィニッシュはさわやか。 ピノ・グリージョのベンチマークとなるスタイルです。


Light straw colour, with a slightly reductive bouquet including straw, hay, almond and pear aromas - with touches of honey and malt, perhaps from fermenting on solids. The wine is light and easygoing, with softness and yet also dryness and restraint. The finish is refreshing. A benchmark grigio style.

 
QUEALY MUSK CREEK PINOT GRIS PRESSED PINK PEARLS クイーリー プレスト ピンク パールス マスク クリーク ピノグリー    モーニングトンペンニンシュラマスク クリーク ¥ 3,945 2015, 750ml 14.5%   James Suckling 90 points , オーガニック,  1994, Hand Picked, wild yeast, 6 months on lees, Pad filter low intervention, minimal sulfar additional  Full-bodied with wild honey, noticeable musk and superb near-tropical notes this is a daring alternative to drinking a lusty Chardonnay and it will certainly provoke a lot of discussio.  野生の蜂蜜のような香り、はっきりとしたムスク、素晴らしくトロピカルなフレーバー。大きな議論になるでしょうが、これはシャルドネを飲みたいときの、もう一つの選択肢となり得るでしょう。  豪奢な薄金色、その色は、冷涼な気候で完熟したピノ・グリからのみ生まれるものです。はちみつ、ピンクベリー、きのこ、さらに森や、ほのかにポークとナッツのニュアンスまでも感じられます。  ムスククリークは、フリンダースまで続く谷の先端に位置しています。南洋にとても近く、土壌は湿潤で暗色です。このテロワールは秋の終わりまでブドウの成熟を抑制し、かつサポートします。その間ブドウは日々、はちみつ、ピンクベリー、森の下生えの香りの特徴を備えていきます。しっかりとした黒系果実の香りがありつつも、ムスク・クリークのピノ・グリは輝くグリーンがかった黄金色をしているのです。   ペアリング   力強いピノ・グリは豪華な料理やジビエ料理によく合います。ワインメーカーはまた、ウィッシュチーズやロブスター、蟹、アヒルなどをおすすめしています。   詳しく    HALLIDAY REVIEW

QUEALY MUSK CREEK PINOT GRIS PRESSED PINK PEARLS クイーリー プレスト ピンク パールス マスク クリーク ピノグリー

モーニングトンペンニンシュラマスク クリーク ¥ 3,945 2015, 750ml 14.5%

James Suckling 90 points, オーガニック,

1994, Hand Picked, wild yeast, 6 months on lees, Pad filter low intervention, minimal sulfar additional

Full-bodied with wild honey, noticeable musk and superb near-tropical notes this is a daring alternative to drinking a lusty Chardonnay and it will certainly provoke a lot of discussio.

野生の蜂蜜のような香り、はっきりとしたムスク、素晴らしくトロピカルなフレーバー。大きな議論になるでしょうが、これはシャルドネを飲みたいときの、もう一つの選択肢となり得るでしょう。

豪奢な薄金色、その色は、冷涼な気候で完熟したピノ・グリからのみ生まれるものです。はちみつ、ピンクベリー、きのこ、さらに森や、ほのかにポークとナッツのニュアンスまでも感じられます。

ムスククリークは、フリンダースまで続く谷の先端に位置しています。南洋にとても近く、土壌は湿潤で暗色です。このテロワールは秋の終わりまでブドウの成熟を抑制し、かつサポートします。その間ブドウは日々、はちみつ、ピンクベリー、森の下生えの香りの特徴を備えていきます。しっかりとした黒系果実の香りがありつつも、ムスク・クリークのピノ・グリは輝くグリーンがかった黄金色をしているのです。

ペアリング

力強いピノ・グリは豪華な料理やジビエ料理によく合います。ワインメーカーはまた、ウィッシュチーズやロブスター、蟹、アヒルなどをおすすめしています。

詳しく

HALLIDAY REVIEW

 
TURBUL FRIULANO   | クイーリー ポスト モダン クラリティー タバル フリウアノ   モーニングトンペンニンシュラバルナリング ¥3,800 2015,750ml, 12.6%  モダンなナチュラルワイン方法、スキンコンタクトしたワインは、熟成させるため樽とアンフォラに入れられます。大胆にも全く濾過されることなくボトリングされます。滑らかでクリーミーな口当たり、アーモンドミルクとエキゾチックなアンゼリカの花、はちみつ、軽やかな胡椒、パセリの根、レモンピールの香り。フリウラーノは、キュアリーワイナリーが先駆けとして植えたイタリアの品種です。艶があり皮が厚く、力強い酸が豊富な凝縮したブドウを生むために、開花の前になるべく収穫量を抑えるように整えます。これがブドウ畑でのワイン造りです。 フリウラーノは塩漬け肉、生魚、クリームパスタと良く合います.   詳しく    Review   Modern natural wine of extended fermentation on skins, then into barrel and amphora to mature. Turbul is bottled without any clarification. Sleek creamy palate, almond milk & filled with the exotic aromatics of angelica blossom, honey, bright pepper spice, parsley root, lemon rind. Friulano is an Italian grape variety pioneered by Quealy at their winery property. They concentrate the high yield potential by setting a low crop before flowering, assuring acid rich grapes with thick burnished skins. This is winemaking in the vineyard. Friulano is served with cured meats, raw fish, creamy pasta.  In contrast to Peninsula Pinots, Friulano produces a big bunch of big berries. This attribute requires strategic bud selection, shoot selection (in spring and summer) and fruit selection of wholesome berries and bunches.  Handpicked on March 17th in 2015 at 11.8 Baume from Quealy’s Winery Vineyard, de-stemmed and fermented as cool whole berries. The fermentation was slow and wild over a 14-day period to extract the perfume and phenolics from the skins. The ferment was then bucketed into the basket press to drain. The ferment settled in tank for another day before racking into large format barrels where the last grams of sugar expired, and a malolactic fermentation proceeded through the winter.  Bottled at the winery under cork in February 2016. The cork carries on the gentle oxidation of phenolics. The tannin in the wine due to time on skins allows the wine to be protein stable thus as in red wine no bentonite fining required. Turbul is Friuli dialect for cloudy, a name suggested by a young Friuli winemaker working with Quealy some years ago. The wine is inspired by a selection of winemakers of and around the Friuli region. It’s matching the vineyard style to the winemaking process seeking the distinctive Friulano aromatics and sleek creamy dimensions.

TURBUL FRIULANO| クイーリー ポスト モダン クラリティー タバル フリウアノ

モーニングトンペンニンシュラバルナリング ¥3,800 2015,750ml, 12.6%

モダンなナチュラルワイン方法、スキンコンタクトしたワインは、熟成させるため樽とアンフォラに入れられます。大胆にも全く濾過されることなくボトリングされます。滑らかでクリーミーな口当たり、アーモンドミルクとエキゾチックなアンゼリカの花、はちみつ、軽やかな胡椒、パセリの根、レモンピールの香り。フリウラーノは、キュアリーワイナリーが先駆けとして植えたイタリアの品種です。艶があり皮が厚く、力強い酸が豊富な凝縮したブドウを生むために、開花の前になるべく収穫量を抑えるように整えます。これがブドウ畑でのワイン造りです。 フリウラーノは塩漬け肉、生魚、クリームパスタと良く合います.

詳しく

Review

Modern natural wine of extended fermentation on skins, then into barrel and amphora to mature. Turbul is bottled without any clarification. Sleek creamy palate, almond milk & filled with the exotic aromatics of angelica blossom, honey, bright pepper spice, parsley root, lemon rind. Friulano is an Italian grape variety pioneered by Quealy at their winery property. They concentrate the high yield potential by setting a low crop before flowering, assuring acid rich grapes with thick burnished skins. This is winemaking in the vineyard. Friulano is served with cured meats, raw fish, creamy pasta.

In contrast to Peninsula Pinots, Friulano produces a big bunch of big berries. This attribute requires strategic bud selection, shoot selection (in spring and summer) and fruit selection of wholesome berries and bunches.

Handpicked on March 17th in 2015 at 11.8 Baume from Quealy’s Winery Vineyard, de-stemmed and fermented as cool whole berries. The fermentation was slow and wild over a 14-day period to extract the perfume and phenolics from the skins. The ferment was then bucketed into the basket press to drain. The ferment settled in tank for another day before racking into large format barrels where the last grams of sugar expired, and a malolactic fermentation proceeded through the winter.

Bottled at the winery under cork in February 2016. The cork carries on the gentle oxidation of phenolics. The tannin in the wine due to time on skins allows the wine to be protein stable thus as in red wine no bentonite fining required. Turbul is Friuli dialect for cloudy, a name suggested by a young Friuli winemaker working with Quealy some years ago. The wine is inspired by a selection of winemakers of and around the Friuli region. It’s matching the vineyard style to the winemaking process seeking the distinctive Friulano aromatics and sleek creamy dimensions.

 
SECCO SPLENDIDO METODO ANCESTRALE    | クイーリー セコ スプレンディド メトード アンセトラル   モーニングトンペンニンシュラメ, インリッジ ¥ 3,750 2018, 750ml,  , オーガニック, planted 2003, Hand Picked, wild yeast.  Muscat Blanc à Petits Grains Ancestrale Methodno   Tyson S 87 points   Méthode Ancestrale involves halting the primary fermentation prematurely, so as to leave the residual sugar which will ‘feed’ a second fermentation in bottle (i.e. no dosage or added sugar required). This in turn creates the fizz, because the carbon dioxide is trapped in the bottle. From a single vineyard – Vaughan’s vineyard – in Merricks North, Secco Splendido preserves perfectly Muscat Blanc à Petits Grains’ fresh, grapey, muskily perfumed character. And, because it is not disgorged, it has a bit of texture and substance about it too. Lovely persistence too.  「メトードアンセストラル」とは、田舎方式のスパークリング製法です。太陽に愛され熟したブドウは圧搾され、発酵されます。果汁が発酵すると、酵母によって糖分はアルコールと二酸化炭素に変わります。造り手は糖分の90%が転換されるのを待ち、その若い状態のワインを瓶詰めします。春になると再発酵が始まり、瓶内にたまった二酸化炭素がサテンのような繊細な泡作ります。    詳しく    Metodo Ancestrale is the rural method of making sparkling wine. Sun kissed, ripe grapes are pressed and the juice fermented. As the juice ferments, the sugar is converted by yeast into alcohol and CO2. The winemaker waits until say, 90% of the sugar is consumed by yeast, then prepares and bottles the young wine. Fermentation re-ignites in spring and the CO2 is captured in the bottle as a delicate sparkle with a satin sheen. Muscat Blanc à Petits Grains off Vaughan’s vineyard Merricks North.  This cool climate vineyard is able to produce reliable, moderate yields with moderate sugars and excellent bright natural acidity. This cool climate region encourages true Muscat’s definitive chalk like tannins that accentuate and tone the dryness of the palate, in a thrilling contrast to the riotously sweet perfume.  Quealy chose the Ancestrale Method of finishing the primary ferment in the bottle to create the bubble. Because it is the fruit’s sugar rather than introducing sugar to the base wine, the fruit can be picked with flavour at 12.5 Baume rather than in the instance of Method Traditional – more 10-11 Baume.  Thus harvest date was delayed 3 weeks to accumulate more of that heady aroma and further ripen the white tannin. Secco Splendido is made without any sulphur additions that might otherwise dampen the sweet aroma and delicate palate.  The malolactic fermentation inevitably proceeds uninhibited by sulphur, wrestling with the yeast in bottle over the meagre nutrition available in the final fermentation weeks. Discouraging aggressive MLF bacteria without using sulphur is addressed by the vineyard practice of a late harvest (thus choosing ancestral method over classic) and maximising sunshine exposure to the grapes which then consume own malic acid before harvest.   This natural style of winemaking  requires a profound understanding of the role of the vineyard to provide the necessary natural attributes for the winemaking process.

SECCO SPLENDIDO METODO ANCESTRALE | クイーリー セコ スプレンディド メトード アンセトラル

モーニングトンペンニンシュラメ, インリッジ ¥ 3,750 2018, 750ml,

, オーガニック, planted 2003, Hand Picked, wild yeast.

Muscat Blanc à Petits Grains Ancestrale Methodno

Tyson S 87 points

Méthode Ancestrale involves halting the primary fermentation prematurely, so as to leave the residual sugar which will ‘feed’ a second fermentation in bottle (i.e. no dosage or added sugar required). This in turn creates the fizz, because the carbon dioxide is trapped in the bottle. From a single vineyard – Vaughan’s vineyard – in Merricks North, Secco Splendido preserves perfectly Muscat Blanc à Petits Grains’ fresh, grapey, muskily perfumed character. And, because it is not disgorged, it has a bit of texture and substance about it too. Lovely persistence too.

「メトードアンセストラル」とは、田舎方式のスパークリング製法です。太陽に愛され熟したブドウは圧搾され、発酵されます。果汁が発酵すると、酵母によって糖分はアルコールと二酸化炭素に変わります。造り手は糖分の90%が転換されるのを待ち、その若い状態のワインを瓶詰めします。春になると再発酵が始まり、瓶内にたまった二酸化炭素がサテンのような繊細な泡作ります。

詳しく

Metodo Ancestrale is the rural method of making sparkling wine. Sun kissed, ripe grapes are pressed and the juice fermented. As the juice ferments, the sugar is converted by yeast into alcohol and CO2. The winemaker waits until say, 90% of the sugar is consumed by yeast, then prepares and bottles the young wine. Fermentation re-ignites in spring and the CO2 is captured in the bottle as a delicate sparkle with a satin sheen. Muscat Blanc à Petits Grains off Vaughan’s vineyard Merricks North.

This cool climate vineyard is able to produce reliable, moderate yields with moderate sugars and excellent bright natural acidity. This cool climate region encourages true Muscat’s definitive chalk like tannins that accentuate and tone the dryness of the palate, in a thrilling contrast to the riotously sweet perfume.

Quealy chose the Ancestrale Method of finishing the primary ferment in the bottle to create the bubble. Because it is the fruit’s sugar rather than introducing sugar to the base wine, the fruit can be picked with flavour at 12.5 Baume rather than in the instance of Method Traditional – more 10-11 Baume.

Thus harvest date was delayed 3 weeks to accumulate more of that heady aroma and further ripen the white tannin. Secco Splendido is made without any sulphur additions that might otherwise dampen the sweet aroma and delicate palate.

The malolactic fermentation inevitably proceeds uninhibited by sulphur, wrestling with the yeast in bottle over the meagre nutrition available in the final fermentation weeks. Discouraging aggressive MLF bacteria without using sulphur is addressed by the vineyard practice of a late harvest (thus choosing ancestral method over classic) and maximising sunshine exposure to the grapes which then consume own malic acid before harvest.

This natural style of winemaking requires a profound understanding of the role of the vineyard to provide the necessary natural attributes for the winemaking process.

DSC07325.JPG
Fionula Field Pinot Grigio   | クイーリー フィオナラー ピノグリージョ   マーリーダーリング ミルデェーラ ¥ 2,350 2017, 750ml ,  Named after a favourite winery chicken. Fionula is a bright pale gold. Aromatically it showsclassic pinot musk, pink fruit and pear. The rolling middle palate is generous with ripe fruits and textured minerality from the limestone soils. The wine finishes crisply and with poise.   750ml, 2016, 12%   ワイナリーにいる、鶏にちなんで名付けられたワイン。 フィオヌーラは明るく、淡い金色です。 クラシックなピノ・ムスク、ピンク色の果実や洋梨のアロマが表現されています。口当たりはだんだんと豊かになり、熟した果物と石灰岩の土壌を感じさせるミネラリーな質感があります。 フィニッシュはスキっとして、やがて落ち着いていきます。   詳しく   The fruit is sourced from the Schriber Vineyard located near the town of Mildura in the Murray Darling.  It is a family owned and run property situated on the very best limestone soils in the region. Yields are kept low through stringent pruning and hands on management.  There is an early picking window that ensures supreme flavor ripeness and the full capture of natural acid. Winemaking The grapes are whole bunch pressed on a very gentle cycle yielding around 600L per tonne. This excludes any harsh components being extracted and helps to keep the final wine delicate. The juice is fermented at a cool temperature to retain volatile aromatics. There is some lees contact to create texture in the middle palate.  The wine is settled with bentonite post fermentation and cold settled prior to bottling. Tasting Note Fionula is a bright pale gold. Aromatically it shows classic pinot musk, pink fruit and pear. The rolling middle palate is generous with ripe fruits and textured minerality from the limestone soils. The wine finishes crisply and with poise.  This is a wine to be enjoyed whilst young and fresh, serve chilled on a warm summer’s day!

Fionula Field Pinot Grigio| クイーリー フィオナラー ピノグリージョ

マーリーダーリング ミルデェーラ ¥ 2,350 2017, 750ml ,

Named after a favourite winery chicken. Fionula is a bright pale gold. Aromatically it showsclassic pinot musk, pink fruit and pear. The rolling middle palate is generous with ripe fruits and textured minerality from the limestone soils. The wine finishes crisply and
with poise.

750ml, 2016, 12%

ワイナリーにいる、鶏にちなんで名付けられたワイン。 フィオヌーラは明るく、淡い金色です。 クラシックなピノ・ムスク、ピンク色の果実や洋梨のアロマが表現されています。口当たりはだんだんと豊かになり、熟した果物と石灰岩の土壌を感じさせるミネラリーな質感があります。 フィニッシュはスキっとして、やがて落ち着いていきます。

詳しく

The fruit is sourced from the Schriber Vineyard located near the town of Mildura in the Murray Darling.

It is a family owned and run property situated on the very best limestone soils in the region. Yields are kept low through stringent pruning and hands on management.

There is an early picking window that ensures supreme flavor ripeness and the full capture of natural acid. Winemaking The grapes are whole bunch pressed on a very gentle cycle yielding around 600L per tonne. This excludes any harsh components being extracted and helps to keep the final wine delicate. The juice is fermented at a cool temperature to retain volatile aromatics. There is some lees contact to create texture in the middle palate.

The wine is settled with bentonite post fermentation and cold settled prior to bottling. Tasting Note Fionula is a bright pale gold. Aromatically it shows classic pinot musk, pink fruit and pear. The rolling middle palate is generous with ripe fruits and textured minerality from the limestone soils. The wine finishes crisply and with poise.

This is a wine to be enjoyed whilst young and fresh, serve chilled on a warm summer’s day!

Fionula Nero D'avola ネーロ・ダーヴォラ   ミルジューラ, ¥2,560, 750ml, 2016, 12% SOLD OUT  ミルデュラの単一畑。赤い石灰岩質土壌はネロ・ダヴォラに適した要素。美味しく深みのある赤ワイン。ネロ・ダヴォラ100%  Our pilgrimage to Sicily confirmed that Mildura’s heat and red limestone soils paralleled the conditions Nero d’Avola demands. This variety celebrates the strength of summer to make delicious, dark red wine.

Fionula Nero D'avola ネーロ・ダーヴォラ

ミルジューラ, ¥2,560, 750ml, 2016, 12% SOLD OUT

ミルデュラの単一畑。赤い石灰岩質土壌はネロ・ダヴォラに適した要素。美味しく深みのある赤ワイン。ネロ・ダヴォラ100%

Our pilgrimage to Sicily confirmed that Mildura’s heat and red limestone soils paralleled the conditions Nero d’Avola demands. This variety celebrates the strength of summer to make delicious, dark red wine.

Fionula Field Blend Red  フィオーラフィールドブレンドレッド    マラコフヴァレー, ¥2,740, 750ml, 2014, 12% SOLD OUT  ホールズ・ギャップの単一畑、標高350m  野生酵母による発酵、90日間果皮浸漬、18か月間フレンチオーク熟成。上質なタンニンが多い、線の細いネッビオーロで、紅茶やオレンジの皮、花の香り。シラーズをブレンドすることで複雑味とスパイスが加わっています。ネッビオーロ70%、シラーズ30%   詳しく   Malakoff valley is found in the Victorian Pyrenees just north of the spectacular Halls Gap. Old gold mining soils of quartz and ironstone influence the wines.This single site field blend is from a vineyard farmed by the John family. Grown at an elevated 350m the microclimate is a little cooler creating aromatically expressive wines with poised palates.

Fionula Field Blend Red フィオーラフィールドブレンドレッド

マラコフヴァレー, ¥2,740, 750ml, 2014, 12% SOLD OUT

ホールズ・ギャップの単一畑、標高350m

野生酵母による発酵、90日間果皮浸漬、18か月間フレンチオーク熟成。上質なタンニンが多い、線の細いネッビオーロで、紅茶やオレンジの皮、花の香り。シラーズをブレンドすることで複雑味とスパイスが加わっています。ネッビオーロ70%、シラーズ30%

詳しく

Malakoff valley is found in the Victorian Pyrenees just north of the spectacular Halls Gap. Old gold mining soils of quartz and ironstone influence the wines.This single site field blend is from a vineyard farmed by the John family. Grown at an elevated 350m the microclimate is a little cooler creating aromatically expressive wines with poised palates.

 
fullsizeoutput_15d9.jpeg